メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

神楽坂落語まつり

昨年の神楽坂落語まつりで高座に上がる古今亭菊之丞=渡部晋也さん提供

 江戸時代から芸能の街として栄え、戦前には寄席や演芸場が数多く軒を連ねた神楽坂(東京都新宿区)で毎年恒例の「神楽坂落語まつり」が22、29の両日、開かれる。

 2009年の第1回から企画・制作をしているのは、地元のNPO「粋なまちづくり倶楽部」の日置圭子さん(62)。「落語や講談など話芸の街としてにぎわったかつての雰囲気を復活させたかった」と話す。

 会場の一つ、毘沙門天善国寺の書院は小さな舞台を備え、100人ほどを収容できて寄席にぴったりの空間。…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです