メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

元スケーター町田が字幕監修 伝説の「氷上の王」

伝説のフィギュアスケーターについて語る町田樹=斉藤希史子撮影

 元フィギュアスケーターの町田樹が、身体芸術論などの気鋭研究者として、公開中の映画の字幕監修を務めた。伝説の英国人スケーターの生涯を追ったドキュメンタリー「氷上の王、ジョン・カリー」(ジェイムス・エルスキン監督)。東京都内でのイベントで、町田は「フィギュアスケートが芸術でもあると誰もが認識するようになったのは彼の功績」と解説した。

 カリーは1976年冬季五輪の金メダリスト。男性には勇壮な演技が期待された時代に「氷上のバレエ」を滑…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文473文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです