メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災伝承、取り組み共有 3.11メモリアルネット全体会 釜石 /岩手

震災伝承や語り部育成のあり方について考えた「3.11メモリアルネットワーク」全体会=岩手県釜石市鵜住居町で

 東日本大震災の教訓の伝承について、被災3県の500あまりの個人と団体が、共同で研究発表などに取り組む「3・11メモリアルネットワーク」の全体会が釜石市であった。震災から8年3カ月が経過し風化も懸念される中、語り部の育成や防災フォーラムの開催に共同で取り組むことを申し合わせた。

 2017年発足の同ネットが県内で全体会を開くのは初めて。福島、宮城の両県を含む高校生以上の約50人が参加した。釜石市鵜住居町の津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」では、語り部の案内で震災当時の小中学生の避難ルート…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです