メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
光を求めて

旧優生保護法を問う/中 判決直後、動き出した弁護団 「救済、最後まで努力」決意 /宮城

仙台地裁判決を受け、国会前で開かれた緊急集会=東京都千代田区で6月5日

専門家の疑義、追い風に

 判決から一夜明けた5月29日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館には強制不妊訴訟に取り組む弁護士たちが全国から集まっていた。「不当判決」を受け、今後の対応を検討するためだ。

 「原告2人から控訴する意向を確認しました」。会議が終わり、取材に応じた弁護団長の新里宏二の表情は意外なほど穏やかだった。「このタイミングで全国の仲間たちと心を一つにできたことは大きい」と成果を強調した。

 司法からの満額回答を期待していた新里にとって請求棄却の衝撃は大きかったが、判決内容に一筋の光も見え…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです