メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

旧優生保護法を問う/中 判決直後、動き出した弁護団 「救済、最後まで努力」決意 /宮城

仙台地裁判決を受け、国会前で開かれた緊急集会=東京都千代田区で6月5日

専門家の疑義、追い風に

 判決から一夜明けた5月29日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館には強制不妊訴訟に取り組む弁護士たちが全国から集まっていた。「不当判決」を受け、今後の対応を検討するためだ。

 「原告2人から控訴する意向を確認しました」。会議が終わり、取材に応じた弁護団長の新里宏二の表情は意外なほど穏やかだった。「このタイミングで全国の仲間たちと心を一つにできたことは大きい」と成果を強調した。

 司法からの満額回答を期待していた新里にとって請求棄却の衝撃は大きかったが、判決内容に一筋の光も見え…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1017文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです