メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

せんだい未来会議

廃業企業のノウハウ買収/子育て応援クーポン配布 若者が「理想の仙台市」提言 /宮城

提言書を手にする「せんだい未来会議」の佐藤柊代表(中央)ら=仙台市役所で

大学生ら10~30代800人から意見

 県内の大学生らでつくる市民活動団体「せんだい未来会議」は19日、仙台市政に対する政策提言集「仙台若者ビジョン提言書」を発表した。理想の仙台市について10~30代の市民らに街頭インタビューなどを重ねて意見を集約。市が抱えるさまざまな課題について若者ならではの視点で具体的な施策(解決策)を提案している。郡和子市長や市議会各会派に提出する。

 未来会議は、東北福祉大3年の佐藤柊代表を中心に、東北大や東北学院大の学生ら10人で構成。「持続可能…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです