メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資産公開

県議資産平均2884万円 報告書公開、15年より400万円減 /茨城

 県議会は、昨年12月の県議選で当選した議員62人の資産等報告書を公開した。毎日新聞のまとめでは、平均資産は2884万円で、前回の2015年公開時より約400万円減少した。最多は川津隆氏(自民党、水戸市・城里町区)の2億4772万円だった。

 条例に基づき、議員は、任期の始まった今年1月8日から100日を経過するまでに、議長へ資産等報告書を提出する。報告の対象となるのは、土地や建物、預貯金や有価証券など。

 会派別の平均資産は、自民党(38人)が最も多く3981万円。自民県政クラブ(4人)2056万円▽無…

この記事は有料記事です。

残り3037文字(全文3290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです