メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

築200年古民家で 本庄のNPO「自然と養蚕に触れて」 /埼玉

民泊施設「稲沢古民家 木村邸」の前に立つ山中修館長(左)と、NPO「本庄市げんきの郷本泉」の入利雄代表理事

 本庄市の本泉(もといずみ)地区で地域活性化に取り組むNPO「本庄市げんきの郷(さと)本泉」がこのほど、地区内の本庄市児玉町稲沢に築約200年の古民家を活用した民泊施設「稲沢古民家 木村邸」をオープンさせた。ハイキングコースやホタルの生息する川などがある山間部にあり、入(いり)利雄代表理事(75)は「ここを拠点に散策し、自然を満喫してほしい」と呼びかけている。

 旧児玉町南西部の山あいにある本泉地区は、かつて養蚕業などで栄えたが、現在は本庄市内で最も人口減少が…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです