メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選択的夫婦別姓

都議会、請願採択 国に意見書提出へ /東京

 都議会第2回定例会は最終日の19日、本会議を開き、夫婦同姓か別姓かを選べる「選択的夫婦別姓」の法制化を求める意見書を国に提出するよう求める請願を採択した。昨年から各地の議会に請願や陳情を続けている市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」(事務局・中野区)によると、同団体メンバーの請願が都道府県議会で採択されるのは、三重に続いて2例目だという。

 主要会派では都民ファーストの会、公明党、共産党が賛成し、自民党は反対した。今後、都議会が国に提出す…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです