メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彦根市議会

当初予算案可決 ひこにゃん、ホッと一安心 花火大会など18事業復活 /滋賀

2019年度の活動費がようやく認められた「ひこにゃん」=滋賀県彦根市本町1の四番町スクエアで、西村浩一撮影

 彦根市議会は19日の本会議で、総額445億5000万円の今年度一般会計当初予算案を賛成多数で可決した。市の文化事業を大幅に削減する元々の当初予算案が2月定例会で否決され、市の人気キャラクター「ひこにゃん」の運営費も含まれていたことから、一時は活動休止の危機を迎えていた。恒例の花火大会の「復活」など新たに修正された当初予算案が可決されたことで、ひこにゃんも当初の予定通り、活動ができるようになった。

 市は2月定例会で、「彦根大花火大会」の中断や「彦根ばやし総おどり大会」を廃止するなど緊縮型の当初予…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです