メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

広島 寺のライトアップ 広島県尾道市 夜型観光に力、毎晩5カ所で 石井幹子さんの事務所、照明デザイン /中国

ライトアップされた浄土寺の(右から)多宝塔(国宝)、阿弥陀堂(国重文)、本堂(国宝)=広島県尾道市東久保町で、渕脇直樹撮影

 寺のまちとしても知られる広島県尾道市で、旧市街地にある寺のライトアップ事業が進んでいる。夜型観光に力を入れる市が寺院の協力を得て順次増やしており、現在、天寧、持光、宝土、浄土、西国の5カ寺で実施。新たな観光スポットとして期待を集めている。

 尾道は今から850年前の1169(嘉応元)年、尾道港が年貢米の積み出し港に指定され、港町として発展してきた。海運交易で財をなした尾道商人が寺を相次ぎ寄進し、室町幕府の将軍足利氏や備後守護の山名氏の保護もあって寺のまちに。ピーク時の江戸時代には81カ寺に達し、現在も7~16世紀に建立されたとされる25カ寺が旧市街地にある。

 尾道は昼型観光都市とみなされ、市は宿泊を含む夜型観光のてこ入れ策として新たな材料を模索。その一つと…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです