メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハッチョウトンボ

生息確認 下関・勝山御殿跡の湿地 /山口

勝山御殿跡で生息が確認されたハッチョウトンボの雌=今井全さん撮影

 県の絶滅危惧種に指定されている国内最小のトンボ「ハッチョウトンボ」の生息が、下関市田倉の「勝山御殿跡」の二の丸跡の湿地で確認された。昆虫愛好家でつくる「山口むしの会」会員の小坂一章さん(68)によると、個体が入れ替わりながら8月中旬まで観察できるという。

 ハッチョウトンボの全長は約2センチ。雌雄で色が違い、雄は全身真っ赤、雌は茶褐色の地に淡黄色と黒のまだらになっている。むしの会が作成に関…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです