ハッチョウトンボ

生息確認 下関・勝山御殿跡の湿地 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
勝山御殿跡で生息が確認されたハッチョウトンボの雌=今井全さん撮影
勝山御殿跡で生息が確認されたハッチョウトンボの雌=今井全さん撮影

 県の絶滅危惧種に指定されている国内最小のトンボ「ハッチョウトンボ」の生息が、下関市田倉の「勝山御殿跡」の二の丸跡の湿地で確認された。昆虫愛好家でつくる「山口むしの会」会員の小坂一章さん(68)によると、個体が入れ替わりながら8月中旬まで観察できるという。

 ハッチョウトンボの全長は約2センチ。雌雄で色が違い、雄は全身真っ赤、雌は茶褐色の地に淡黄色と黒のまだらになっている。むしの会が作成に関…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集