メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

認知件数、今年は増加 若者にも被害“拡散” 県警、ツイッターで注意喚起 /高知

高知県警と生命保険協会県協会などが行った特殊詐欺被害防止のための啓発活動=高知市帯屋町2で、北村栞撮影

 近年、減少傾向にあった特殊詐欺被害の認知件数が、今年に入って増加している。今月16日現在で12件と前年同期比5件増。手口が多様化する中で、ここ数年は若者が被害者になる事件も発生しており、県警は今春から公式ツイッターで注意を呼び掛けたり、関係機関との連携を強めたりして被害防止に取り組んでいる。【北村栞】

 県警生活安全企画課によると、昨年の特殊詐欺被害の県内認知件数は20件で、前年から29件減少した。2014年に78件を記録して以降、認知件数は減少傾向が続いている。以前は被害者の大半を65歳以上の高齢者が占めていたが、スマートフォンを通じた手口などが出てくる中、16年ごろから被害が他の世代にも広がりを見せているという。今年は、12件中3件の被害者が20代だった。県警は「特殊詐欺の被害に自分が遭うと…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです