メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

鹿児島選挙区 統一候補をお披露目 野党が総決起集会 調整難航、新人の合原氏 /鹿児島

共闘をアピールする合原氏(手前)と野党幹部ら

 夏の参院選の鹿児島選挙区(改選数1)で立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党が統一候補として推す無所属新人の行政書士、合原千尋氏(39)の総決起集会が19日、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前であった。同選挙区は全国32の1人区で最後まで候補者調整が難航。この日が事実上のお披露目で、合原氏は「憲法の理念を守る。皆様と国の将来をつくりたい」と団結を呼びかけた。【菅野蘭】

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです