メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで400日 多様性認める社会に 同性愛告白、女子サッカー選手

 ドイツでサッカーのプロ選手として活躍し、同性愛者であることを告白した下山田志帆さん(24)が東京都内で毎日新聞のインタビューに応じ、「お互いの違いを受け入れる社会になってほしい」と訴えた。日本の現役スポーツ選手が性的指向を明かすのは異例。20日で開幕まで400日の東京五輪に向け、性的少数者(LGBTなど)への理解を呼びかけていく。

 ドイツ女子2部リーグの「SVメッペン」に所属していた2月、ツイッターに「彼女がいます」と書き込んだ。2年間のドイツでの活動に区切りをつけて先月、帰国。国内で所属先を探すとともに性的少数者への偏見を解消する活動を始めた。告白に至った心境を「自分らしく生きられるように自分の力で環境を整えたいと思った」と語った。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです