メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

党首討論 解散巡り神経戦

党首討論で立憲民主党の枝野幸男代表(左手前)の質問に答える安倍晋三首相(中央右)=国会内で2019年6月19日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首による今国会初の党首討論が19日、約45分間行われた。「公的年金だけでは老後資金が夫婦で約2000万円不足する」との金融審議会報告書の受け取りを政府が拒んだことが議論の中心で、終盤には衆院解散・総選挙も話題になった。(5面に詳報)

首相…「頭の片隅にもない」/立憲・国民・共産…質問自体、回避

 「他の党首の人は言いたくても言えなかった。解散するのか、しないのか」。4党首で最後に質問に立った日…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2036文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです