メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

いじめ防止法改正作業 足踏みの議員勉強会 教員負担増懸念され=論説委員・永海俊

記者会見で座長試案について不満を語るいじめ自殺の遺族ら=東京都千代田区で4月19日、水戸健一撮影

 いじめ防止対策推進法の改正作業が足踏みしている。今国会での改正を目指していた超党派の国会議員による勉強会がまとめた当初の案は、いじめ自殺で子どもを失った遺族らの意向もくみ取り、学校の取り組むべき対策を詳細に規定していた。だが、学校関係者の反発を受けて案は見直され、規定の多くが消えたため、今度は遺族側の批判を招き、着地点が見えない状況だ。

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです