メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

スポーツの尊厳損なう危うさ=村田隆和

 競技の公平性か、差別か--。一つの新たな規定と裁定が波紋を広げている。

 陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ選手(南アフリカ)の訴えが先月、スポーツ仲裁裁判所(CAS)で退けられた。テストステロン値が高い女子の出場資格を制限する国際陸上競技連盟(IAAF)の新規定は不当だと、撤回を求めていた。

 テストステロンは骨格や筋肉を発達させる、男性に多いホルモンの一種で、セメンヤ選手は先天的に働きが強…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです