メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国民投票法改正案

自公、今国会成立断念 与野党折り合わず

 自民党の森山裕国対委員長は19日、国民投票法改正案の今国会での成立を事実上断念する考えを示した。東京都内であった自民、公明両党の幹事長・国対委員長会談後、記者団に「成立させるとすれば、会期との関係がある」と述べた。政府・与党は26日が会期末の通常国会を延長しない方針。会期が残り1週間となる中、改正案の成立は困難と判断した。

 改正案を審議する衆院憲法審査会は、審議方法を巡って与野党が折り合わず、5月16日に幹事選任のため約…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです