メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

GAFAを取材して 日本企業は恐れず学べ=岡大介(特別報道部・前東京経済部)

 グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの米4大IT企業の頭文字を取って「GAFA(ガーファ)」と呼び、話題にすることが増えた。「日本企業がGAFAの『下請け』になる」などと脅威論も出ている。ただ、経済部員だった今年4月まで、GAFAを含むIT業界を取材して強く思うのは、彼らを漠然と恐れたり敵視したりするのでなく、実像を見据え、むしろ強みから学ぶことが重要ということだ。

 GAFAの強みはインターネットを活用したサービスの革新性もさることながら、「多様な人材が、明確に定められた目的の下で、激しく社内外で競う」という企業のあり方にこそあると感じる。

 いずれも中途採用が主流で、起業や転職で会社を出ることも少なくない。国籍も多様だ。そんな社員たちを束ねるのが、明確に示された「使命」だ。グーグルは「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにする」、アマゾンが目指すのは「地球上で最も顧客を大切にする企業」。GAFAの中で一番若い2004年創業のフェイスブックは、当初の「世界をオープンにして、つなげる」から、「つながり」の構築をより…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文2015文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです