メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「#KuToo」毎日新聞は?=トミヤマユキコ・東北芸術工科大講師

 職場等で女性に対しパンプスやハイヒールを強要するのはやめよう。私たちはもうそろそろ靴による苦痛から解放されてもいいはずだ。こう訴える「#KuToo」運動が内包するメッセージとは「私の身体は私のもの」に尽きる。とてもシンプルで当たり前にも思える言葉だが、現代の日本女性が直面しているのは、この当たり前を手に入れる難しさだ。

 この件を各メディアが大きく報じる結果となったのは、6月5日の根本匠厚生労働相の国会答弁。「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲を超えているかどうか」という発言があぶり出したのは、もしかすると私たちみんなが「私の身体は私のもの」が通用しない社会に生きているのかもという現実だ(恐ろしい)。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文855文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです