習・中国主席

「遠大な計画」方針 北朝鮮紙寄稿、恒久的安定へ協力 きょう訪朝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国の習近平国家主席(共産党総書記)は20、21両日の北朝鮮訪問に先立ち、19日付の朝鮮労働党機関紙・労働新聞に寄稿した。北朝鮮側と共に朝鮮半島の恒久的な安定に向けた「遠大な計画」を作成する方針を示した。

 習氏は「今回の(北)朝鮮訪問を通じて、金正恩(キムジョンウン)委員長及び朝鮮の同志と共に中朝友好協力関係を設計し、伝統的な中朝友好の新しいページを刻む」と抱負を語った。

 また、習氏は「金委員長の正しい決断と、関係国の共同の努力により、朝鮮半島に平和と対話の大勢が形成されたことをうれしく思う」と述べ、米朝首脳会談の実現などを高く評価した。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集