メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政審

「年金水準低下」意見書原案から削除 参院選前、過度な配慮か 「自助努力」もなし

 財務省が、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の建議(意見書)の原案から、「将来の基礎年金給付水準が想定より低くなる」「自助努力を促していく観点も必要」などの文言を削っていた。削除したのは、同様に老後資金の不足を指摘した金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書が問題化した後にあたる。財務省はこの問題との関係を否定するが、参院選を前に年金制度の安心を強調したい政権への過度な配慮が広がっているとの見方も出ている。

 「昨年は議論したが、今年は議論していない。金融審議会の関係で影響を受けたことはない」。19日、麻生太郎財務相に建議を提出した後、記者会見に臨んだ財政制度分科会の増田寛也会長代理(東京大公共政策大学院客員教授)は、昨年の建議に盛り込まれた「自助努力」という言葉が記載されていないことについて、こう説明した。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです