メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政審

「年金水準低下」意見書原案から削除 参院選前、過度な配慮か 「自助努力」もなし

 財務省が、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の建議(意見書)の原案から、「将来の基礎年金給付水準が想定より低くなる」「自助努力を促していく観点も必要」などの文言を削っていた。削除したのは、同様に老後資金の不足を指摘した金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書が問題化した後にあたる。財務省はこの問題との関係を否定するが、参院選を前に年金制度の安心を強調したい政権への過度な配慮が広がっているとの見方も出ている。

 「昨年は議論したが、今年は議論していない。金融審議会の関係で影響を受けたことはない」。19日、麻生…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1807文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです