メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

日本の教員勤務時間最長 部活・事務負担大 OECD小中調査

 経済協力開発機構(OECD)は19日、日本を含む加盟国などの小中学校教員の勤務状況調査(TALIS、タリス)の2018年の結果を公表した。日本は、1週間あたりの勤務時間が中学校で56・0時間、小学校が54・4時間でいずれも最長だった。日本は前回の13年調査でも中学校教員は最長で、部活動指導や事務作業の時間が長い一方、授業時間は短いという傾向も変わらなかった。

 調査は5年に1度実施され、今回で3回目。参加国・地域数は中学校が48、小学校が15。日本は前回、初めて中学校が参加し、今回は小学校も加わった。

この記事は有料記事です。

残り2673文字(全文2926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです