メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
追跡

日本の教員勤務時間最長 部活・事務負担大 OECD小中調査

 経済協力開発機構(OECD)は19日、日本を含む加盟国などの小中学校教員の勤務状況調査(TALIS、タリス)の2018年の結果を公表した。日本は、1週間あたりの勤務時間が中学校で56・0時間、小学校が54・4時間でいずれも最長だった。日本は前回の13年調査でも中学校教員は最長で、部活動指導や事務作業の時間が長い一方、授業時間は短いという傾向も変わらなかった。

 調査は5年に1度実施され、今回で3回目。参加国・地域数は中学校が48、小学校が15。日本は前回、初…

この記事は有料記事です。

残り2695文字(全文2926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです