メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

真贋を見抜く/中 「目隠し」臨床試験で正確に

目隠しされていない試験の問題

 最近、薬や健康食品の宣伝などでよく見かける「臨床試験」。私たちの健康を左右する貴重な科学的根拠(エビデンス)となるはずだが、疑わしいものも存在する。確かな医療を紹介するシリーズ「賢い選択--真贋(しんがん)を見抜く」の今回は、信頼できる試験の見抜き方を考える。

 ●副作用を甘く評価

 「医師にも、患者にも『目隠し』されていない臨床試験がたくさんある」。こう指摘するのは、NPO法人「臨床研究適正評価教育機構」の桑島巖理事長だ。

 「目隠しされていない」とはどういうことか。薬や健康食品に「効果がある」と証明するには、これらを使わなかった場合と比べる必要がある。その際、参加した医師や患者には本来、どの薬や健康食品を使っているか知られてはならない。試験の信頼性を落とす、いろいろなバイアス(偏り)が入り込むからだ。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです