メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

加速する月面基地構想 「人類の次なる活動圏」へ

広がる月面の将来構想

 米国や中国が月の探査を加速させている。その先に見据えるのは「月面基地」で、探査の拠点としたい考えだ。一見「夢物語」とも思える構想だが、既に開発された技術を発展させ、組み合わせれば、実現の見込みは小さくない。日本も本格的な検討に乗り出した。【池田知広】

 ●「2050年旅行者滞在」

 「月面基地が複数存在し、宇宙滞在者による人間社会が形成されている。研究者・実務者以外の人も宇宙旅行者として月に短期滞在している」。日本航空宇宙学会は3月、2050年に期待される将来を描いた長期ビジョンを取りまとめた。月面の資源開発に取り組む日本発の宇宙ベンチャー「ispace」(アイスペース)も、「40年には月に1000人が住み、年間1万人が訪れる」と構想する。

 「意外と早く、一般の人が地球の6分の1の重力を月面で楽しむ時代が来るはずです。それを可能にする技術…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1763文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです