メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

世界に追いつくICT教育を

 先日、エストニアの方とパネルディスカッションを行う機会があった。今話題のエストニアの電子政府について「教えを請う」イベントだ。「電子立国日本の自叙伝」などという誇らしげなNHKスペシャルが放送された時代を覚えている、一部の読者は驚かれるかもしれない。しかし、今の日本は、人口130万人のバルト3国の小国に教えを請う立場なのだ。

 エストニアでは日本でいうマイナンバーを使い行政手続きや銀行など多くの民間手続きが電子化され、2017年の報告では1年で820年分の労働時間削減効果。行政コストは英国の0・3%、フィンランドの3%というから、政府のスリム化が英国にも及ばない日本としては驚くばかり。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです