野党5会派が参院予算委員長解任決議案提出「良識の府の権威失墜」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
麻生太郎副総理兼財務相の問責決議案と金子原二郎参院予算委員長の解任決議案を参院に提出後、記者団の質問に答える立憲民主党の芝博一参院国対委員長=国会内で2019年6月20日午前10時9分、川田雅浩撮影
麻生太郎副総理兼財務相の問責決議案と金子原二郎参院予算委員長の解任決議案を参院に提出後、記者団の質問に答える立憲民主党の芝博一参院国対委員長=国会内で2019年6月20日午前10時9分、川田雅浩撮影

 立憲民主、国民民主、共産、日本維新の会、沖縄の風の野党5会派は20日午前、参院の金子原二郎予算委員長の解任決議案を参院に提出した。決議案では「予算委員会の開会要求を2カ月以上も平然と放置している」と批判し、「『良識の府』参議院の権威を失墜させる行為は断じて許されるものではない」としている。解任決議案は以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文765文字)

あわせて読みたい