メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

麻生氏報告書受け取り拒否に審議会現役委員、OBから批判噴出

衆院財務金融委員会で、金融庁の「老後2000万円」問題の報告書について、答弁のため事務方と話す麻生太郎副総理兼財務相(右)=国会内で2019年6月14日、川田雅浩撮影

 「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」などとした金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書を麻生太郎副総理兼金融担当相が受け取り拒否した問題について、政府の審議会の現役委員やOBから批判が噴出している。「政権の意に沿わない報告書は受け取らない」との考えがまかり通れば、官僚の政権への「そんたく」が強まり専門家の知見が国の政策に反映されなくなる恐れがあるためだ。役所との関係悪化を懸念してか口を閉ざす委員も多い。

 「選挙対策を最優先にして有識者の提言をなかったものにするとは何事か」。金融審市場WGの委員は、麻生…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1120文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです