メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野薬品株主総会 株価低迷に批判相次ぐ 本庶氏との対立の影響

がん免疫治療薬「オプジーボ」に関する特許契約について、小野薬品工業の主張に反論する本庶佑・京都大特別教授=大阪市北区で2019年5月27日午後4時43分、松本光樹撮影

 小野薬品工業は20日、大阪市内で株主総会を開いた。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授とのがん免疫療法治療薬の特許対価を巡る対立の影響で、株価が低迷していることについて、株主から批判が相次いだ。相良暁社長は「ご心配をおかけした」と述べたが、本庶氏が求めている特許の分配率引き上げは受け入れず、京都大への寄付を検討す…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです