メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野薬品株主総会 株価低迷に批判相次ぐ 本庶氏との対立の影響

がん免疫治療薬「オプジーボ」に関する特許契約について、小野薬品工業の主張に反論する本庶佑・京都大特別教授=大阪市北区で2019年5月27日午後4時43分、松本光樹撮影

 小野薬品工業は20日、大阪市内で株主総会を開いた。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授とのがん免疫療法治療薬の特許対価を巡る対立の影響で、株価が低迷していることについて、株主から批判が相次いだ。相良暁社長は「ご心配をおかけした」と述べたが、本庶氏が求めている特許の分配率引き上げは受け入れず、京都大への寄付を検討す…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. NHK広島「朝鮮人」ツイート 民団が人権救済申し立て「民族差別を扇動」

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです