メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者殺害 「サウジ皇太子の捜査必要」 国連報告書

トルコで殺害されたサウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏=AP

 サウジアラビア王室の批判を続けていたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、調査を担当している国連のカラマール特別報告者は19日、報告書を発表した。サウジの次期国王と目されるムハンマド皇太子(33)について「更なる捜査が必要だとするだけの信頼に足る証拠」があるとし、事件の責任がサウジ政府にあることも明確に結論づけた。

 カラマール氏は26日に国連人権理事会に報告し、各国で対応を協議する。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです