メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界最悪の人道危機」 240万人が住み家追われる 中東・イエメン

2016年10月に空爆で損壊した結婚式場=イエメン・サヌア市内で2019年6月18日(認定NPO法人アイキャン提供)

 20日は国連が定める世界難民の日。2015年の内戦本格化後、「世界最悪の人道危機」に陥っている中東・イエメンでは、難民と国内避難民合わせて約240万人(18年末現在)が住み家を追われ、人口の3分の1にあたる約1000万人が飢餓に直面するという危機的な状態が続く。相次ぐ空爆におびえる日々に、現地で避難生活を送る20代の女性は「この状況を止めてくれる人はどこにいるの?」と訴える。

 同国内の3カ所で支援活動を展開する認定NPO法人「アイキャン」(名古屋市)によると、現地では安全な…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1120文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです