ソフトバンク4000億円修正申告 損失計上巡り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
決算発表の記者会見でこれからの戦略を説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都千代田区で2019年5月9日午後4時38分、竹内紀臣撮影
決算発表の記者会見でこれからの戦略を説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都千代田区で2019年5月9日午後4時38分、竹内紀臣撮影

 ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2018年3月期の所得約4000億円を修正申告していたことが19日、関係者への取材で明らかになった。同国税局の指摘を受け、SBG側は既に修正申告したという。申告漏れの金額としては過去最高規模とみられる。

 関係者によると、SBGは16年に買収した英半導体開発大手アーム…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

ニュース特集