急発進防止へ 安全装置、1カ月で購入数10倍 高齢者の事故増で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
相次ぐ高齢者の交通事故を背景に、購入する人が増えている急発進防止装置=滋賀県草津市南笠東1の「スーパーオートバックス湖南」で2019年6月10日、諸隈美紗稀撮影
相次ぐ高齢者の交通事故を背景に、購入する人が増えている急発進防止装置=滋賀県草津市南笠東1の「スーパーオートバックス湖南」で2019年6月10日、諸隈美紗稀撮影

 東京・池袋など全国各地で高齢者の運転する車で歩行者が犠牲になる事故が相次ぐ中、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ急発進防止装置を買い求める人が、滋賀県内でも増えている。県警によると、県内で65歳以上の高齢者が運転した車による交通事故は、件数自体は減少傾向にある半面、事故全体に占める割合は増加している。県警の担当者は「さまざまな技術の活用で、一件でも事故防止につながれば」と話す。

 「オートバックス」チェーンを全国で約600店展開するカー用品大手「オートバックスセブン」(本社・東京)によると、急発進防止装置の全国の販売個数は、4月から5月の約1カ月で13倍に増加。5月だけでみても、前年同期比で26倍と急増している。県内だけで見ても、4月から5月の販売個数は10倍に増加。種類によっては品切れになり、7月末まで在庫待ちの状態が続いているという。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

ニュース特集