メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

急発進防止へ 安全装置、1カ月で購入数10倍 高齢者の事故増で

相次ぐ高齢者の交通事故を背景に、購入する人が増えている急発進防止装置=滋賀県草津市南笠東1の「スーパーオートバックス湖南」で2019年6月10日、諸隈美紗稀撮影

 東京・池袋など全国各地で高齢者の運転する車で歩行者が犠牲になる事故が相次ぐ中、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ急発進防止装置を買い求める人が、滋賀県内でも増えている。県警によると、県内で65歳以上の高齢者が運転した車による交通事故は、件数自体は減少傾向にある半面、事故全体に占める割合は増加している。県警の担当者は「さまざまな技術の活用で、一件でも事故防止につながれば」と話す。

 「オートバックス」チェーンを全国で約600店展開するカー用品大手「オートバックスセブン」(本社・東京)によると、急発進防止装置の全国の販売個数は、4月から5月の約1カ月で13倍に増加。5月だけでみても、前年同期比で26倍と急増している。県内だけで見ても、4月から5月の販売個数は10倍に増加。種類によっては品切れになり、7月末まで在庫待ちの状態が続いているという。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです