メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨の日は「傘日和」テキスタイルデザイナー・鈴木マサルさんが個展

東京展の会場で新作の傘を差す鈴木マサルさん=2019年6月15日午後6時20分、上杉恵子撮影

 憂鬱な雨の日だからこそ、お気に入りの傘とともに街を歩ける。そう思わせてくれそうな楽しい柄の傘を集めた展覧会が、東京、埼玉、松山で開かれている。いずれも、デザインを手がけたのはテキスタイルデザイナーで東京造形大教授の鈴木マサルさん。会場にあふれるカラフルな傘が、梅雨の季節を鮮やかに彩っている。

     マリメッコ、ユニクロ、カンペールといった国内外のブランドにデザインを提供するなど、幅広く活躍する鈴木さんが、傘のデザインを始めたのは9年前。「『これを差して出かけよう』と気持ちがパッと明るくなる傘を作りたい」と思ったのがきっかけだった。水牛、クモ、フクロウといったさまざまな動物をモチーフにした柄が、はぎのない1枚の布に大胆に描かれているのが特徴だ。

     15日にスタートした「鈴木マサルの傘」展は、今年の新作と昨年の作品が東京展で計48アイテム、松山展で39アイテム並ぶ。また、埼玉県飯能市の施設「メッツァビレッジ」では、約1000本の傘を虹のようにつるした100メートルの「アンブレラスカイ」が楽しめる。

    カラフルな傘に、子供たちも夢中=東京展の会場で2019年6月15日午後7時13分、上杉恵子撮影

     東京展は23日まで、午前11時~午後7時、渋谷区元代々木町の「CASE GALLERY」で。

     松山展は7月7日まで、午前10時~午後7時(火・水休み)、松山市の「MUSTAKIVI」で。29日午後3時から、鈴木さんのトークイベントも開かれる。

     「メッツァビレッジ」での展示は「森と、湖と、アンブレラと。」と題したイベントの一環。7月15日まで、午前10時~午後9時。【上杉恵子】

    一人一人に開いてもらうように、東京展では閉じたままで傘を展示=2019年6月15日午後6時21分、上杉恵子撮影

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
    2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
    3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
    4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
    5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです