メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・小部遺跡から大型建物の柱穴出土 赤塚古墳近く 埋葬者の居館か

1996年度に撮影された小部遺跡(中央)=宇佐市教委提供

 大分県宇佐市の小部(こべ)遺跡から、古墳時代前期(3世紀後半~4世紀後半)の大型建物跡を示す柱穴が出土したことが分かった。3、4キロ離れた所に同時代の前方後円墳・赤塚古墳(国史跡)があり、そこに葬られた権力層の居館の可能性があるという。古墳と居館がセットで確認できるものは全国的に珍しいとして、市は国史跡指定を目指す。

 17日の市議会で、高橋宜宏議員の一般質問に答えた。答弁などによると、小部遺跡は弥生終末期から7世紀…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです