メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

自民党のおじさんが望む「理想の家庭」の非現実度 昭和の価値観と思考回路

金融庁の報告書問題を受けて呼びかけられたデモで「年金返せ」などと訴え行進する参加者=東京都千代田区で2019年6月16日、山下浩一撮影

 永田町には、いや自民党のおじさんたちには、国民に望む「理想の家庭」があるらしい。例えば「子供は最低でも3人以上」(桜田義孝前五輪担当相)を生み育て、かつ老後に備え「アバウト2000万円」(麻生太郎財務相)のお金を用意する家庭、である。このご時世、「理想の家庭」は現実的なのか?【吉井理記/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2815文字(全文2973文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです