メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州発明家賞に吉野彰氏 リチウムイオン電池開発 旭化成名誉フェロー

欧州発明家賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー=名古屋市天白区で2018年9月13日、大西岳彦撮影

 欧州特許庁は20日、優れた技術者を表彰する「欧州発明家賞」の今年の非欧州部門で、リチウムイオン電池の開発に貢献した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が受賞したと発表した。日本人の同部門での受賞は、2015年の飯島澄男・NEC特別主席研究員らに続き2回目。

 リチウムイオン電池はスマートフォンや電気自動車などに広く活用されている。同庁は「吉野氏は今日のリチウムイオン技術と産業の基礎を築いた。彼の技術は私たちの社会を変革した」とたたえた。【千葉紀和】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです