メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦世そして 沖縄戦74年

戦火の記憶、生々しく 基地に土地奪われ 爆音の下で暮らす人々の「戦世」

1945年3月27日朝の爆撃の際に米軍によって撮影された現在の嘉手納基地=沖縄県公文書館所蔵

 米軍嘉手納(かでな)基地に隣接する沖縄県嘉手納町の通称「二番地地区」。74年前の沖縄戦で米軍に土地を奪われ、行き場を失った人たちが身を寄せ合うように住み着いた一帯だ。米軍基地が面積の82%を占める嘉手納町。「引っ越したいが、この町には土地がない」。二番地地区で暮らし続ける長嶺由考(ゆうこう)さん(86)がつぶやいた。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです