メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「とにかく必死」 心肺停止の生徒をAEDで救命 石川の高校で教諭ら

AEDを使った救助法について日本赤十字社石川県支部の講師から指導を受ける県立七尾東雲高の生徒たち=石川県七尾市下町で2019年6月19日午後5時45分、岩壁峻撮影

 石川県の県立高校で今年5月、ランニング中に倒れて一時心肺停止状態になった男子生徒に対し、教諭らが学校に配備された自動体外式除細動器(AED)を利用して救命した。生徒が一命を取り留めたのは、講習を重ねた教諭らが「適切かつ迅速にAEDや蘇生措置をしたことが大きい」(地元消防)。小中高をはじめ全学校にAEDが配備されるなどハード面の整備が進む中、どうすれば子どもの命を守れるのか、救命に当たった教諭らの証言から探った。

 5月8日午後2時15分ごろ、石川県七尾市の県立七尾東雲(しののめ)高校(生徒数386人)で、体育の…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです