メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略

国土地理院の潮位計、故障で津波データ送信できず 新潟・山形地震

山形県鶴岡市の沿岸に設置された鼠ケ関験潮場=国土地理院提供

 山形県沖を震源とし新潟県で震度6強を観測した18日の地震で、震源に最も近い山形県鶴岡市の沿岸で発生12分後に約10センチの津波を国土地理院の潮位計が観測したのに、停電に加え非常用の電源装置の故障により観測データが気象庁に送られていなかった。データは津波の注意報・警報の継続や解除の判断に用いられる。地理院は全国25カ所の設備を緊急点検し、再発防止策をまとめる方針。

 地理院によると、問題があったのは「鼠ケ関(ねずがせき)験潮場」の潮位計。当時は停電で外部電源が途絶…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文766文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです