メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国土地理院の潮位計、故障で津波データ送信できず 新潟・山形地震

山形県鶴岡市の沿岸に設置された鼠ケ関験潮場=国土地理院提供

 山形県沖を震源とし新潟県で震度6強を観測した18日の地震で、震源に最も近い山形県鶴岡市の沿岸で発生12分後に約10センチの津波を国土地理院の潮位計が観測したのに、停電に加え非常用の電源装置の故障により観測データが気象庁に送られていなかった。データは津波の注意報・警報の継続や解除の判断に用いられる。地理院は全国25カ所の設備を緊急点検し、再発防止策をまとめる方針。

 地理院によると、問題があったのは「鼠ケ関(ねずがせき)験潮場」の潮位計。当時は停電で外部電源が途絶。通常なら災害時に使う非常用バッテリーの電力で観測データを送信するが、平常時にバッテリーを充電する装置が故障し、充電切れで送信できなかった。約1時間半後に停電が復旧し、それ以降はデータを送っていたという。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです