メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

偏見打破へ大きなエネルギーに 下山田さん告白 五輪LGBT共生掲げ

インタビューに答える女子サッカー・下山田志帆選手=東京都千代田区で2019年6月10日、尾籠章裕撮影

 サッカー女子の現役選手の下山田志帆さん(24)が同性愛者であると告白したことは、来年7月に開幕する東京五輪を前に性的少数者(LGBTなど)への偏見解消の大きなエネルギーとなりうる。国際オリンピック委員会(IOC)も男女平等を重んじ、性的指向に伴う差別に立ち向かう姿勢を打ち出している。

 IOCは2014年、五輪憲章の根本原則にある差別を禁じる項目に新たに「性的指向」などの文言を加えた。五輪で自らの性的指向を明らかにする選手が増えており、16年リオデジャネイロ五輪では50人以上の選手が公表した。ラグビー女子7人制の会場で試合後、ブラジル選手に交際女性がプロポーズし、仲間や観客から祝福される光景は大きな話題となった。

 下山田さんの告白も国際的な流れに沿ったものと言えるが、日本では大きな壁があった。これまでLGBTを公表した選手の多くは同性婚が法制化されたり、裁判所で認められたりしている国の選手で、日本はそのどちらでもない。今年2月に、同性婚を認めないのは「婚姻の自由」などを定めた憲法に反するとして国内初の訴訟が東京や大阪など全国4地裁に起こされたばかりだ。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです