メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ウルグアイ戦は”正念場”…森保監督「何人かの選手は変わる」冨安「ビビッてやっていても勝てない」

情報提供:サッカーキング

前日会見に臨んだ森保監督(左)と冨安(右)
 日本代表は、21日のコパ・アメリカ グループステージ第2節でウルグアイ代表と対戦する。先だって行われた前日会見には、森保一監督と冨安健洋が出席した。

 初戦のチリ戦から中2日でウルグアイ戦を迎えることについて、森保監督は「何人かの選手は変わることになると思います。今日の練習でコンディションを見極めて、メンバーを決めたいです」と語った。

 チリ戦と同様、ウルグアイ戦も激しい試合展開が予想される。「まずは球際の攻防が大切。激しいボールの奪い合いに、勇気を持って挑んでほしいと思います。ウルグアイには世界トップクラスの選手がいます。前線の2人を含めた速攻に注意しつつ、チームとして攻撃を組織的に止めていければ。プレーのスピード、個で外す動き、外せない時は組織として連動してゴールに向かっていくことが重要だと思います」と、森保監督はウルグアイ戦のポイントを解説した。

 エディンソン・カバーニと、ルイス・スアレス。ウルグアイには強力なフォワードが2人いる。彼らと対峙することになる冨安は、「ビビッてやっていても勝てないし、僕らはチリ戦の時よりもチーム一丸となって戦うことで勝利に結び付けられるようにしないと」と意気込む。「映像を見ましたけど、シンプルにカバーニやスアレスを起点に攻撃していますね。その2人にボックス内でボールが渡ると難しい状況になるかな、と。チリ戦よりも、できるだけ高い位置で守備をしたいです。コンパクトに保ちながらの守備がポイントになります」と、ウルグアイ戦の展望を語った。

 チリ戦では0-4と大敗を喫した日本代表。ウルグアイ戦では、何としても勝利がほしいところだ。試合は、21日8時にキックオフを迎える。

【関連記事】
世界的ストライカーとマッチアップの可能性も…岩田智輝「収穫を見つけたい」
日本代表、ポルト・アレグレにて調整…チリ戦先発の原&前田は負傷で病院へ
チリに4失点完敗も…ウルグアイメディアは日本を警戒「油断してはならない」
日本代表と同組のウルグアイ代表に痛手…MFベシーノが負傷離脱
ウルグアイ代表FWスアレス、3キロの減量を明かす…次節日本と対戦

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです