メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

なでしこ、イングランドに2失点完封負け…2位で決勝トーナメントへ

情報提供:サッカーキング

3連勝のイングランドが首位で通過 [写真]=Getty Images
 FIFA女子ワールドカップ フランス2019のグループステージ第3節が19日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)はイングランド女子代表と対戦した。

 すでに決勝トーナメント進出を決めているなでしこは、2連勝でグループ首位に立つイングランドとの試合。勝てばグループ1位通過となる一戦で、スコットランド戦から三浦成美に代えて小林里歌子、菅澤優衣香に代えて横山久美を先発で起用した。

 イングランドは立ち上がりからパスを回しつつ、なでしこのミスも突いて優位に進める。なでしこは9分、ゴール正面やや左の位置でFKを獲得すると横山が直接狙うが、ゴール左上を襲った強烈な弾道はイングランドGKカレン・バーズリーが好セーブで対応した。

 14分、イングランドが試合を動かす。なでしこ陣内中央で杉田妃和のプレッシャーを受けながら、ジョージア・スタンウェイがスルーパスを出すと両CBの間を抜け出したエレン・ホワイトがGKとの1対1を制した。

 出足のいいイングランドに対して、後手を踏むシーンの多いなでしこだが、失点後のピンチはGK山下杏也加が好守を見せて切り抜け、1点のビハインドで折り返す。

 後半もイングランドペースで試合が進む中、なでしこは71分に投入された菅澤がチャンスを迎えるシーンを作るが、得点は生まれず。84分にはホワイトがこの日2点目を獲得したイングランドが2-0で勝利をおさめた。

 3連勝のイングランドが首位通過。なでしこは敗れたものの、スコットランドvsアルゼンチンが引き分けで終わったため、グループ2位で決勝トーナメント進出となった。25日に行われる決勝トーナメント1回戦ではグループEの1位チーム(オランダもしくはカナダ)と対戦する。

【スコア】
なでしこジャパン 0-2 イングランド女子代表

【得点者】
0-1 14分 エレン・ホワイト(イングランド)
0-2 84分 エレン・ホワイト(イングランド)

【スターティングメンバー】
なでしこジャパン(4-4-2)
山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩;小林里歌子(71分 三浦成美)、中島依美、杉田妃和、遠藤純(85分 宝田沙織);岩渕真奈、横山久美(71分 菅澤優衣香)

イングランド女子代表(4-1-4-1)
カレン・バーズリー;ルーシー・ブロンズ、ステフ・ホートン、ミリー・ブライト、デミ・ストークス;キーラ・ウォルシュ(72分 ジェイド・ムーア);レイチェル・デイリー、ジル・スコット、ジョージア・スタンウェイ(74分 カレン・カーニー)、トニー・ダガン(83分 ニキータ・パリス);エレン・ホワイト

【順位表】
▼グループD
イングランド(勝点9/得失点差4)
日本(勝点4/得失点差-1)
アルゼンチン(勝点2/得失点差-1)
スコットランド(勝点1/得失点差-2)

【関連記事】
FWミデマーが60得点の大台到達…22歳でオランダ女子代表の歴代最多記録を更新
なでしこ、3大会連続の決勝T進出!…最終節を残してベスト16入りが確定
女王アメリカ、大会最多13得点でタイを粉砕…モーガンは5発で最多記録に並ぶ
【インタビュー】前なでしこ指揮官、佐々木則夫氏に聞く 世界で勝つための道筋
“本田圭佑監督”のカンボジア、W杯アジア2次予選進出!…モンゴルは初突破

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです