メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

大迫敬介「ここで通用する選手にならないと」…スアレス&カバーニとの対峙は「すごく楽しみ」

情報提供:サッカーキング

チリ戦でA代表デビューを飾った大迫 [写真]=Getty Images
 日本代表は19日、コパ・アメリカ第2戦のウルグアイ代表戦に向けて、ポルト・アレグレにて最終調整を実施。初戦のチリ代表戦でA代表デビューを果たしたGK大迫敬介は「試合を通しての課題、上手くできたことも整理できているので、明日の試合は思い切ってやりたい」と強豪との一戦を見据えた。

 サンフレッチェ広島の守護神として定着してから約4カ月、ついに日の丸を背負って日本のゴールマウスに立った。しかし、チリ戦は4失点を喫し敗戦。「日本ではこのスピード感や攻撃の迫力を味わえないと思うので、南米の本気の戦いを味わえたことは良かったです。でも、ここで通用する選手、チームにならないといけない」と感じているようだ。

 明日の対戦相手ウルグアイを牽引するのは、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニの強力2トップだ。「世界でもトップレベルでやっている選手たちなので、いろいろなところからシュートが飛んでくると思う。日本にはいないタイプの選手だと思いますし、チャンスがあればやれるので、そこはすごく楽しみ」と対戦を心待ちにしている。

 チリ戦の敗戦を踏まえ、「先制点を与えないことが大事」と大迫。「前半は上手く耐えられましたが、残り時間少ない中セットプレーでやられてしまったので。相手はセットプレーも強みにしていると思いますし、まずは簡単に失点しないこと」と勝利へのポイントを挙げた。

取材・文=三島大輔

【関連記事】
●勝ち点3がほしいウルグアイ戦…屈強な相手DF陣にも久保は「名前でサッカーをするわけではない」
●ウルグアイ戦は”正念場”…森保監督「何人かの選手は変わる」冨安「ビビッてやっていても勝てない」
●ウルグアイの”知将”が日本に警戒感…負傷したキーマンの代役は「何も言えない」
●ウルグアイ代表選手が日本についてコメント…「簡単な相手ではない」「若くてアグレッシブ」
●楢﨑正剛氏が語るコパ・アメリカ「周りも殺気立っているし、プレーしている選手はもっと殺気立っていた」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. インスタが「いいね」数非表示に 精神的負担、軽減する狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです