メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

マンU、ワン・ビッサカと個人合意か…移籍金は75億円とSB史上最高額に上る

情報提供:サッカーキング

ワン・ビッサカはマンチェスター・U入りを果たすようだ [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uはクリスタル・パレスに所属するイングランドU-21代表DFアーロン・ワン・ビッサカと個人合意に至ったようだ。20日にイギリス紙『レコード』が報じている。

 同クラブは以前からワン・ビッサカの動向を注視しており、エクアドル代表DFアントニオ・バレンシアの退団が決定したことから獲得に本腰を入れた模様。マンチェスター・Uはすでに同選手とは個人合意に至っていると伝えられており、後はクラブ間で交渉を成立させる段階だという。

 当初は移籍金として4000万ポンド(約54億円)を支払うオファーをマンチェスター・Uが提示したがクリスタル・パレス側が拒否。最終的には5500万ポンド(約75億円)にまで移籍金は膨らみ、サイドバック史上最高金額となることが予想される。

 ワン・ビッサカは今シーズンのプレミアリーグで35試合に出場し、全て先発メンバー入りを果たした。第2節に行われたリヴァプール戦以外は全てフル出場と、若手ながらも著しい成長と安定感を見せている。果たしてマンチェスター・U移籍後も、この調子を保つことができるのであろうか。

【関連記事】
●マタがマンUとの契約を延長! 昨季はリーグ戦22試合3得点4アシスト
●ポグバ、マンU退団は決定的か…レアル移籍よりもユーヴェ復帰を希望
●CB獲得を目指すマンU、ルカクとシュクリニアルの“交換”をインテルに提案?
●マンU、ポグバ売却で軍資金調達か…バルサ2選手の獲得に関心示す
●マンU、クリバリ獲得失敗に備えてディオプに興味…移籍金は80億円超えにも

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです