メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アルゼンチン、2戦未勝利でグループB最下位…パラグアイとは引き分け

情報提供:サッカーキング

アルゼンチン代表はパラグアイ代表と対戦した [写真]=Getty Images
 コパ・アメリカ2019のグループB第2節が20日に行われ、アルゼンチン代表とパラグアイ代表が対戦。結果は1-1の引き分けに終わり、アルゼンチンは2戦連続未勝利でグループ最下位となっている。

 アルゼンチンは前節のコロンビア戦から先発メンバーを大幅に変更し、前線にはリオネル・メッシやラウタロ・マルティネスをツートップで起用。一方のパラグアイはミゲル・アルミロンらが名を連ねた。

 試合は37分、リチャード・サンチェスがゴールネットを揺らし、パラグアイに先制点をもたらす。パラグアイが1点のリードを守り抜いて前半を折り返す。

 後半に入り、57分に試合が動く。アルゼンチンはPKを与えられ、キッカーはメッシ。重要な同点弾をマークし2連敗から免れるべく1点を返した。

 そのまま試合は終了して、アルゼンチンとパラグアイの一戦は1-1で終了。アルゼンチンは2連敗を回避したものの、1分け1敗でグループB最下位となってしまった。

 次節、アルゼンチンはカタールと、パラグアイはコロンビアと対戦する。

【スコア】
アルゼンチン代表 1-1 パラグアイ代表

【得点者】
37分 0-1 リチャード・サンチェス(パラグアイ代表)
57分 1-1 リオネル・メッシ(PK)(アルゼンチン代表)

【スターティングメンバー】
アルゼンチン代表(4-4-2)
アルマーニ;タグリアフィコ、オタメンディ、ペッセージャ、カスコ;ペレイラ(46分 アグエロ)、パレデス、ロ・チェルソ、デ・パウル(87分 スアレス);メッシ、マルティネス(67分 ディ・マリア)

【関連記事】
●森保監督「ベースは前回の形でやります」…前田大然の欠場も明言
●大迫敬介「ここで通用する選手にならないと」…スアレス&カバーニとの対峙は「すごく楽しみ」
●勝ち点3がほしいウルグアイ戦…屈強な相手DF陣にも久保は「名前でサッカーをするわけではない」
●ウルグアイ代表選手が日本についてコメント…「簡単な相手ではない」「若くてアグレッシブ」
●冨安健洋のセリエA挑戦が決定か…約7億円でボローニャ移籍へ

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです