メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

アーセナル、南野の同僚ショボスライの獲得に関心…2000年生まれの若手MF

情報提供:サッカーキング

アーセナルはショボスライの獲得を希望している [写真]=Getty Images
 アーセナルは南野拓実が所属するザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライの獲得に関心を示している。20日にイギリス紙『サン』が報じた。

 同クラブは今夏の移籍市場でユヴェントスと事前契約を締結したウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜を模索中。クラブを率いるウナイ・エメリ監督はショボスライの動向を注視しており、近々獲得に埋めて交渉を開始するようだ。

 また、アーセナルはヨーロッパリーグ決勝でチェルシーに1-4の大敗を喫し、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことから、移籍予算が大幅に減額してしまった。複数メディアにより4000万ポンド(約54億円)と限られた額の中、補強を強いられていると伝えられている。

 ショボスライは今シーズン、29試合に出場し11ゴール10アシストを記録。チームの重要選手であるにも関わらず、同クラブは移籍金としてお手頃な1500万ポンド(約20億円)を要求している。アーセナルの移籍予算も限られていることから、同クラブは獲得に向けて本腰を入れるようだ。

【関連記事】
●エドゥ氏がアーセナル復帰か…クラブ側が“史上初の役職”への就任を打診
●アーセナルがスコットランドの若き左SBを狙う…指揮官が獲得熱望
●カラスコ、アーセナル行きは無し? 移籍予算が少額のため獲得を断念
●恩師就任間近のミランが関心も…アーセナル、トレイラ売却は拒否か
●コシェルニーにドルトムントが関心…アーセナルも放出に前向きか

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです