メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1910年。茨城県の日立鉱山から排出される亜硫酸ガスによる煙害で、農作物が枯れてしまう被害が拡大していた。入四間(いりしけん)村の煙害対策委員長の関根三郎(井手麻渡(あさと))と、鉱山の補償担当の加屋(渡辺大(だい))は、相反する立場を超えて打開策を見つけようと奔走する。被害が深刻化し根本的打開策が見いだせない中、2人は社主に当時世界一の大煙突の建造を迫る。

 新田次郎の同名小説が原作。国策をタテに環境など二の次で経済的補償が主だった当時、地元住民と誠実に対…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです