メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 復活V、マカヒキ (日曜競馬)

 上半期を締めくくるグランプリ宝塚記念。有馬記念と同じようにファン投票によって出走馬が選ばれるが、暮れに比べるとメンバーが寂しくなる傾向にある。今年も12頭立てとなったが、半数の6頭がG1馬。2017年にクラシックで3冠を分け合ったアルアイン、レイデオロ、キセキ。さらにマカヒキは16年のダービー馬で、スワーヴリチャード(18年大阪杯)、リスグラシュー(18年エリザベス女王杯)。ほかにも“最強の1勝馬”の異名を持つエタリオウなど、春の最強馬決定戦にふさわしい豪華メンバーが集結した。 過去10回のレースで傾向を見てみたい(別表参照)。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです