メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

散歩日和

いなみ野(兵庫県稲美町) 悠久のため池ミュージアム

兵庫県内最古の築造とされる天満大池=兵庫県稲美町で、高尾具成撮影

 これから梅雨入りを迎える季節、思い立って古いため池が残る“ため池の町”兵庫県稲美町に向かうため、JR山陽線土山駅に降り立った。

 瀬戸内地域は降水量が少なく、河川に恵まれない場所では農業用水確保のため、古くから多くの水がめが造られてきた。兵庫県には全国最多の2万4400カ所(農林水産省、5月末現在)のため池がある。同町には県内最大の加古大池、県内最古とされる天満大池など大小約90カ所があり、その総面積は町の約10・7%を占める。

 天満大池は今も町南西部200ヘクタールの水田を潤す。古文書によれば原形の岡大池(蛸草大池)は675年の築造。希少なアサザの小さな黄色い花が浮かび、池のへりには忍者が逃げる際にばらまくことで知られる多くのヒシの実が打ち上げられていた。

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです